雪国の冬は在宅ワークがとても熱い

雪国の場合、雪が降った日の朝は特に会社に行くのがとても大変です。車通勤の場合は、まず車に降り積もった雪を下ろす作業から始めます。それから、車のエンジンをかけて車内を暖かくし、その間に駐車場や家の敷地に降り積もった雪を掻く必要があるのです。

これを怠ると、場合によってはすぐタイヤが雪にはまってしまい、家から出るだけで一時間もかかってしまうことがあります。また、道路も車の運転に慎重になるため、スピードは大変に遅いですし、細い道で左折や右折をしなければいけない時は、十分以上も動けない時があります。当然、自転車で通っている人はバス通勤に切り替わりますので、やはりこのような不自由をしなければいけません。そして、このようなことが起こるので通勤時間も雪が降っていないときよりも30分、場合によっては1時間も早く家を出なければいけないのです。このような状況ですから、雪が降った日の朝と言うのは大変に気が滅入りますよね。

しかし、これが在宅ワークだったらどうでしょう。とにかく、これらの煩わしさがいっさいないのです。暖かい部屋の中で、家族を送り出した後にぬくぬくとしていられます。ニュースで交通情報を見ながら、余裕で仕事を始められるのです。ですから、在宅ワークには仕事にかかるタイムロスと言うものが一切ないのです。

雪の日だけではありません。雨の日も、台風の日も、嵐の時もどんなときも、在宅ワークは家の中で作業が完結するので、雨風に一切当たらないで済むのです。こんな状況ですから、モチベーションは常に高い状態で仕事をすることが出来ます。在宅ワークはこのように大きなメリットがあるのです。

それに、家族が寒い外から帰ってきたとき、在宅ワークなら暖かく迎えることが出来ますよね。着替えと暖かい飲み物を用意して待っていたら、家族にはあなたが天使に見えるかもしれませんね。家族のためにもなり、自分のためにもなる、こんないい仕事はほかにあるでしょうか。こんな風に考えると、冬でも暑い仕事と言えますね。 ”

SNSでもご購読できます。