スマホでの副業を本業にして成功した私の生活

スマホで副業ができるようになった時代ですが、多くの人々はスマホで副業の可能性を十分に引き出してはいないのではないかと思います。サラリーマンの副業として仕事の合間合間にスマホで副業をするだけでは十分ではありません。それだけはスマホで副業で十分稼ぐことはできないでしょう。私はスマートフォンで3年間副業をしてきましたが、そこから導き出した結論はスマホで副業を本業にすべきだということです。たしかに、スマートフォンで副業をやると儲かるのです。しかし、暇な時間を見つけて作業するだけでは十分には稼ぎ出しません。しっかり本腰を入れて取り組めば、会社員の給料以上に稼げるのがスマートフォンでの副業だというのに、それを片手間にやるのはあまりに惜しいことです。だから、私は会社をやめて、スマートフォンでの副業を本業にすることにしました。これで食っていくと決めたのです。

スマホでの副業を本業にしてからというもの、私の生活は様変わりしました。以前は朝の6時に起きて1時間も通勤電車に揉まれながら会社に通っていたというのに、今や起床時間は朝の9時です。そして、毎日夜の12時には就寝します。会社員の頃は朝早くから働き始めるにもかかわらず、夜も残業三昧で、帰宅で終電ということも珍しくありませんでした。しかし、今は自分のペースでまったりと仕事ができます。一日の実質労働時間は6時間ほどでしょうか。朝の10時頃から仕事を始め、ランチは近所のレストランでゆっくりと過ごし、帰宅したあとは夕方の6時くらいまで働きます。そして、夜は家族で団欒して過ごすのです。会社員の頃には不可能だったようなゆとりある生活です。こんな生活が送れるようになったのは、スマートフォンでの副業を本業に切り替えたおかげです。我ながら良い決断をしたものだと思います。

スマホでの副業は儲かります。しかし、だからこそ、それを副業にとどめておくのはもったいないことです。スマホでの副業を本業にするとどうなるか?その一例が私の生活です。会社を辞めるには勇気がいるでしょうが、皆さんも一度考慮してみてはどうでしょう?

SNSでもご購読できます。