ネット副業は度胸!失敗を恐れちゃダメ

ネット副業という言葉を最近よく聞きますが、実際にやるとなると「本当に自分なんかにできるのかな」「手を出したはいいけれど全然稼げないんじゃないかな」と尻込みしてしまう人も多いのではないでしょうか。そんな人に贈りたい言葉があります。本田技研工業の創業者である本田宗一郎氏の「やってみもせんで、何が分かる」です。

ネットというのはある意味、声の大きい人が有利な世界です。ネット副業についても同じで、ずっと尻込みしていては絶対に仕事にありつけないのです。例えばライティングの仕事にしてもそうです。最初から上手な文章が書ける人なんていないのです。ヘタクソな文章を何度も書いていくうちに、ある程度読める文章が書けるようになっていくのです。最初から上手な文章を書こうとしても無理です。少しずつ上達していけばいいのです。

その上で、ネット副業をやっていく上で重要なのは「まずは簡単な仕事からやっていく」ことです。高い承認率が必要でしたら、まずはお金が入らなくても検索のタスクで稼いでいきます。よほどの大失敗をしない限りは、高確率で承認を出してくれるからです。これで上手くいったら、次のステップに進みましょう。あなたが得意な分野に挑むのです。例えばライティングでしたら「テーマ自由の日記」という短文案件です。価格は安いのですが、短文なら書けるでしょうから、これで慣らしていきましょう。そうしているうちに長文が書けるようになっていきますし、あなたの得意分野が見えてくるでしょう。ファッション、医療、健康、車といったちょっとした専門知識が必要なものなら、1文字0.5~1円の好条件のものも多いです。これができるようになれば、もう大丈夫で、手を動かしていればそれなりのお金が入ってくるようになっています。

ネット副業をやるなら、まずは度胸を決めてやってみることと、とにかく最初は焦らないことが重要です。失敗しながら徐々にステップアップしていくぐらいの気持ちでいいのです。気が付けばサラリーマンの副業としてでも月に5万円は稼げるようになりますし、通勤時間などのロスがない主婦なら、もっと稼げるかもしれませんよ。

SNSでもご購読できます。