何をするかを全て自分で決めるのが家でできる仕事

家でできる仕事なんて、そもそもあるの?という人は結構いるみたいですね。私なんかは既に実践していますから、あるに決まっているじゃないですかという感じなんですけど、それまで外でしか働いた経験がない様な場合だと、この様な疑問を抱く様です。

仕事があるという事実は素晴らしいにしても、そこでそれなりの額を得るのが容易ではないですね。こればかりは私も認めざるを得ない所です。実際、やり始めた人の多くは途中でギブアップしてしまうのでしょう。つまり普通に働いた方がよっぽど効率が良いじゃないかと言う訳です。仮に1時間で800円の仕事をすれば、それを8時間続けるだけで6400円になるのです。在宅ワークでこれと同じ時間やっても、半分も行かないのではないでしょうか。

そうなるとデメリットばかりの様に感じられそうですが、実はそんな事もありません。出勤するための準備時間をゼロにできるだけでも楽ですよね。寒い冬の日なんかは外に出るだけでも体に相当な負担が掛かりますが、家の中なら寒さに震える事もありません。その様な面を色々と考えに入れると実質的な時給はもう少し高くなるのではないかと思います。

何より家でできる仕事が嬉しいのは、自分の自由に時間を使う事ができるという点です。外で働くとなるとあらゆることが管理されてしまいますよね。昼食の時間は40分とか、何時から何時までは働かないといけないという具合です。その辺りを自分の都合のいい様にできるのが良いんですね。

残業とかでも会社では半強制的というか、自分の意思とは無関係に決められてしまいがちですけど、家でできる仕事ではそれ自体を自分で決める事が出来ます。自分が自主的にやる事ですから、同じ残業をするにしても精神的には大きな違いが出て来るでしょう。何もかも自分に選択権があるというのは、ある意味では労働の原点と言えるでしょう。自己責任の反面、それを上回る利点が数多くあるのです。

SNSでもご購読できます。