デザインして稼ぐネット副業

最近話題となっているネット副業に、LINEのスタンプ作りがあります。LINEでコミュニケーションを取るのに便利なスタンプのデザインを考えて販売することで、収入が入ってきます。独自のスタンプデザインを考えることができれば、誰でも稼ぐことができるネット副業です。最近では、小学生がデザインしたLINEスタンプが人気があるとして話題にもなりました。絵を書くことが好きな人にオススメのネット副業です。

LINEスタンプで稼ぐ方法としては、まずはデザインを考える所から始まります。販売するには、最低40個デザインが必要なので、色々なパターンを作りましょう。その時に使うツールは何でも構いません。Windowsに搭載されているペイントでも全然大丈夫です。スマホやタブレットで描くのであれば、LINE Brushなどを使うといいでしょう。ちなみにスタンプ画像はW370×H320pixelといったサイズ指定の他、メイン画像やタブ画像についてもサイズ指定がありますので、その点は予め確認しておきましょう。LINEスタンプバンク、LINEスタンプ検索サイトなどを上手に利用して、自分が作ったデザインを紹介することで、より販売数を増やすことができます。

完成したら、LINE Creators Marketに登録して申請すれば、世界中に向けて販売することができます。ただ、LINEスタンプをデザインする時に注意しなければいけないのは、ガイドラインに沿ったデザインでなければいけません。例えば、暴力系のもの、卑猥なもの、コピーしたデザインものなどはNGとなっています。LINEスタンプとして販売する前には、必ず審査を通過する必要があります。ガイドラインに沿っているかどうかをチェックされるのです。もし審査を通らなかったとしても、再び修正してまた提出できます。ただ、1度却下されると審査機関が1~2ヶ月ぐらい伸びてしまうので、できるだけ1回で審査を通過することが大切です。現在、スタンプの販売総額は12億3000万円を上回る勢いとなっています。急成長してる市場だけに、人気スタンプを作ることができれば、かなり稼ぐことができます。ちなみに、人気スタンプを作った上位の人たちは、1000万円以上を稼ぎだしています。

SNSでもご購読できます。